「オリゴ糖はガスが出やすくなるから嫌」という人へ

腸内環境を良くして便秘を解消するため、
ビフィズス菌を元気にさせて増やすために欠かせないオリゴ糖。

 

「でも、オリゴ糖が便秘対策に役立つと分かっていても、
オリゴ糖を摂るとおなかにガスが溜まってパンパンに張るから嫌」
という人も少なくありません。

 

実際、オリゴ糖の積極的な摂取を始めた人の中には、
この「ガス問題」にぶち当たってしまい、挫折してしまう人も少なくないのです。

 

ですがそれでオリゴ糖の摂取をやめてしまうのは、
あまりにももったいないです。なぜなら、
オリゴ糖による「ガス問題」は、ずっと続くわけではないのですよ。

 

オリゴ糖の「ガス問題」の真実

オリゴ糖を摂取しても、すべての人が
「ガス問題」で困るわけではありません。

 

ガスがあまり溜まらない人と、オリゴ糖の摂取を始めたとたん、
ガスが多く溜まる人とが居るんですよ。

 

その差はどこから出てくるのかというと・・・
ズバリ

 

「オリゴ糖摂取を始めた時点での、腸内環境の差」
です。

 

オリゴ糖は「ビフィズス菌専用食」として知られていますが、
「ビフィズス菌以外は絶対にオリゴ糖を食べない」
というわけではありません。

便秘を改善するための腸内環境について


オナラの原因はオリゴ糖を食べた悪玉菌

実は悪玉菌の中にも、オリゴ糖が好物ではないものの、
「ビフィズス菌が少なくて、オリゴ糖が余っているならもらっておこうか」と、
横取り感覚で食べてしまうものが居るんですよ。

 

そして、オリゴ糖を食べた悪玉菌がガスを放出するんですよ。
つまりビフィズス菌が少なく、悪玉菌が多ければ多いほど、
オリゴ糖によるおなかの張りは強くなりやすい、というわけです。

 

ですが、最初はそんな状態であっても、ビフィズス菌とオリゴ糖を適切に補給し、
腸内にビフィズス菌を増やしていけば、悪玉菌はどんどん劣勢になっていき、
ビフィズス菌がオリゴ糖を食べつくすため、悪玉菌が「余ったオリゴ糖の横取り」もできなくなってきます。

 

こうなればしめたもの。

ガス問題は自然と解消の方向に向かっていきます。

 

もちろん、どれだけ腸内環境が正常でも、
ある程度のガスが溜まるのは人間の体のメカニズムとして当然の話ですので
「腸内環境が良くなればガスも出ない」というわけではありません。

 

しかし腸内環境が理想的な状態であれば、ガスが出てもそのにおいは少ないので、
たとえガスが出ても「においで周囲に気付かれるリスクが少ない」というメリットもありますよ。

 

オリゴ糖の「ガス問題」を乗り越えてこそ便秘解消につながる!

というわけで、「オリゴ糖を摂取し始めたらガス問題がいきなり出てきたからやめる」というのは、
結局は悪玉菌優勢の腸内環境を放置しておくという結果になるだけです。

 

ガスが溜まっておなかが張る、というのは「今はこれだけ腸内環境が悪いんですよ」
という体からのSOSだと思って、オリゴ糖の摂取はやめたりせず、
ガス問題がおさまっていくのを待つ気持ちを持ちましょう。

 

ガス問題を乗り越えてこそ、
便秘解消のための、腸の健康のための大きな一歩が踏み出せるのです。

 

>>当サイトおすすめのオリゴ糖はこちら<<