ヨーグルト+オリゴ糖の黄金コンビで便秘解消

ヨーグルトといえば、便秘解消できる食品として昔から有名ですよね。
でも、なぜヨーグルトが便秘解消にいいのかというのは知っていますか?

 

簡単に言えば、腸内環境を良くする乳酸菌がたくさん含まれているからです。

 

そしてそのヨーグルトにオリゴ糖をプラスして食べると
乳酸菌が腸にたどり着いたときに、すぐにエサであるオリゴ糖にありつけるので
より高い便秘解消効果が期待できるのです。

 

ですから「せっかくヨーグルトを食べるときはオリゴ糖をプラスする!」
このことを覚えておくとより早いスッキリ感が得られるかもしれません。

 

「ヨーグルト+オリゴ糖」最強コンビの選び方

それでは便秘解消のためにはどんなヨーグルトとオリゴ糖がいいのでしょうか。
選び方をお教えします。

 

特保マーク付きのヨーグルト

特保とは特定保健用食品のこと。
からだにいい影響を与える成分が配合してあることを消費者庁が認めた食品です。

 

このマークがついているヨーグルトには乳酸菌が含まれていることが証明されているので、
マークのないヨーグルトよりも効果が期待できるでしょう。

 

ただし、乳酸菌によっては便秘に効果の高いもの・低いもの、
また、自分の体質に合っているもの・合っていないものがあるので
いろいろ試してみて見極める必要があります。

数種類のオリゴ糖がブレンドされたもの

オリゴ糖は善玉菌や乳酸菌のエサになるのですが、善玉菌たちには好き嫌いがあり、
一種類のオリゴ糖だけを与えても反応しないこともあります。

 

そこで数種類のオリゴ糖を腸に入れることで善玉菌がまんべんなく活性化させることができ、
便秘解消の効果が高まります。
なのでオリゴ糖を選ぶときは数種類のオリゴ糖(ラフィノース、ガラクトオリゴ糖、ミルクオリゴ糖など)が
配合されているものを選ぶとより効果が期待できます。

 

 

家族の方は手作りヨーグルトもおすすめ!

家族のおなかの健康のために、毎日朝食にヨーグルトとオリゴ糖を
食卓に出そうと思っているお母さんもいるのではないでしょうか。

 

でも、家族全員分のヨーグルトを毎日用意するとなるとちょっとコスパが問題になってきます。

 

そこでおすすめしたいのが「手作りヨーグルト」です。
手作りなら、ヨーグルトの種菌と牛乳があれば簡単にできます。

 

トクホのものと便秘解消効果が変わってくるんじゃないの?
と不安に思うかもしれませんが、カスピ海ヨーグルトなら「クレモリス菌」という乳酸菌と、それが出す特有のねばりが
食物繊維のような働きをしてくれるので高い便秘解消効果が期待できます。

 

それにカスピ海ヨーグルトなら、酸味がほとんどなく食べやすいので
すっぱいものが苦手な子どもでもおいしく食べられます。

 

市販で買えば1パック200円以上するカスピ海ヨーグルト。
ですが種菌を購入すれば毎日牛乳だけの値段で食べられて、
普通のヨーグルトとちょっと違った味わいや食感が楽しめるのでおすすめです。