便秘を解消するストレッチ方法(便秘で辛い方必見!)

「便秘でお腹が苦しい」「便秘薬を使うのは抵抗がある」などなど、
便秘に悩む人は多いかと思います。

 

特に女性は運動不足や冷えから便秘になってしまいがちです。
そこで今回は、そんな辛い便秘を解消するおすすめのストレッチ2つをご紹介します。

 

しっかりと続けて健康的に毎日を過ごしましょう。

 

 

忙しい朝に最適な5分間ストレッチ

毎日忙しくてストレッチなんてする時間が無い!
そんな人に最適なのがこの5分間ストレッチです。

 

気付かない内に人の腸は硬くなってしまいがちですが、
このストレッチなら腸のこりをほぐし蠕動(ぜんどう)運動をし易くしてくれます。

 

蠕動運動が正常に起こると溜まった便を排出し易くなり、便意を催すようになるでしょう。
ここでは、そんな5分間ストレッチの方法をご紹介します。

 

やり方その1、腸をほぐす

まずはしっかりと腸をほぐすことからはじめます。

 

うつ伏せに寝転がり、お腹の下に手を挟んでください。
そのままお腹を触って硬く感じる場所があれば、そこは腸がこっている所です。

 

その場所を優しく揉み解すように揉んでください。
これだけで腸のこりが解消し、柔らかく健康な状態になるでしょう。

 

やり方その2、骨盤低筋を鍛える

次に柔らかくなった腸に刺激を与えるため、骨盤低筋を鍛える体操をします。

 

1、まずは仰向けに寝転んだ状態で膝を立てます。
そのままの体勢で腰をゆっくりと持ち上げてください。
少し辛い体勢ですが、無理のない範囲でキープ。

 

2、その後、お腹に手を当てて、下から上へと撫で上げます。
この時に下がりがちな腸を正しい位置へ戻すようにイメージしながら撫でてください。

 

3、1〜2を3回程繰り返して終了です。

 

股関節回し運動でデトックス

長時間の立ち仕事や、足を組んで座る癖のある人は
股関節の筋肉がこってしまったり、筋力が低下してしまいがちです。

 

足の筋肉と便秘の関係は意外かと思われがちですが、
実は股関節の筋肉が硬くなったり低下すると、腸が下に下がり便秘になってしまうのです。
ここでは簡単にできる股関節回し運動をご紹介します。

 

ステップ1

まず、右側を下にした状態で横向きに寝転びます。
体勢が辛ければ頬杖をついても構いません。

 

そのままの状態で左足を浮かせ、円を描くようなイメージで足を回します。
この時に、右足は動かさないように注意しましょう。

 

また、左足を回す時は足の根元からしっかりと回すのがポイントです。

 

ステップ2

次に、今度は左側を下にして同じように右足を回します。
片足2分程度で1セットとし、1日2セットを目安としてください。

 

夜の就寝前などやり易く続けられる時間帯に行うと良いですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は便秘解消に効果的なストレッチを2つご紹介しました。

 

どちらも簡単で時間も掛からず続け易い内容になっているので、ぜひ毎日の空き時間に試してみてください。
毎日継続して朝からスッキリしましょう。