便秘解消体操

便秘に効果のある体操やストレッチをご紹介していきましょう。

 

便秘がちな方は、どうしても体の新陳代謝が活性化されず、
老廃物が溜まりがちになります。

 

新陳代謝が活性化されないと体の機能低下が激しく、
胃で消化された後に腸から肛門部へ行き渡らせる筋力が弱まってしまいます。

 

そんな時に効果があるのが、体操やストレッチです。

 

具体的にどういった体の動きを取り入れれば良いのかお伝えします。

 

体をひねって蠕動活動を強化!

便秘の中でも慢性便秘に陥っている方は、
下半身の血行促進効果が弱い可能性が高いです。

 

その解消のためには下半身に刺激を与え、
腹筋や背筋を飛ばすようなストレッチが効果的!

 

まず、床に腰を下ろして足を伸ばします。
片方の足をもう片方にクロスさせて、体を反対方向に捻ります。

 

さらにわかりやすく言うと、左足を右足にまたぐようにしてクロスさせ、
体は左向きに捻るイメージです。

 

また足を組み替えて、体の捻る方向も反対側にします。

 

これを左右セットで行うと腸の動きだけでなく、
体全体のゆがみを矯正し、冷え対策や、むくみ対策、
血液循環を解消するのにとても役に立つストレッチです。

 

特にデスクワークなどが多く、体を長時間動かさない人は
血流が悪くなっていますので、効果的なストレッチ法の一つなので日ごろから取り入れていきましょう。

 

股関節周りのストレッチで平滑筋を強化!

肛門部付近には平滑筋と呼ばれる便の排出には欠かせない筋肉が存在します。

 

ちょっと言い方は汚くなりますが、
踏ん張るときに使う筋肉といったほうがイメージしやすいかもしれませんね。
その部分は特に女性の方は弱い傾向にあります。

 

その平滑筋を強化するには股関節周りの柔軟性を上げて平滑筋を強化し、
蠕動運動を活性化させると便秘解消へとつながります。

 

具体的な方法ですが、まず床に座って足の裏同士を合わす形にして座ります。
イメージでは一休さんの座禅のような形で足の裏は重ねずに、合わす感じです。

 

そのスタイルで座ったら、あとは体をゆっくり倒していき、
無理のない程度まで息を吐きながら上体を倒してキープしましょう。

 

そして数秒したら、また背筋をピンと伸ばします。
そして再び前に息を吐きながら上体を倒していきます。

 

これを数回繰り返し行いましょう。

 

これによって体の柔軟性と股関節周りの筋肉をほぐす効果が期待できます。

 

このように蠕動運動の働きを高める体操や、
平滑筋を活性化させるストレッチを取り入れることで便秘解消へとつながる効果が期待されます。