便秘に効くマッサージ

便秘が起こってしまったときは食事の改善や十分な睡眠などを行う必要がありますが、
自分で蠕動運動を活発化させるためにマッサージを取り入れることも効果的です。

 

具体的にどのような方法でマッサージを行なっていけばよいのか、ご紹介していきます。

 

平滑筋を刺激して便秘解消を促す

便秘解消に直接的に働きをかけるなら、
平滑筋と呼ばれる筋肉に刺激を与えるマッサージをするのが良いでしょう。

 

 

平滑筋とは、平たく言ってしまえば内蔵の働きを呼び掛ける筋肉のことです。
平滑筋をマッサージすることで腸の動きを活性化させるというメリットがあります。

 

 

平滑筋の場所ですが、具体的に言うと肛門部の近くに位置する括約筋の一つです。
この部分の動きが、収縮を繰り返せば便の流れが良くなって肛門を経由して排泄がスムーズにいきます。

具体的なマッサージ方法とは

平滑筋を直接手で押したり、揉んだりするマッサージは部位の関係からも難しい部分があります。

 

 

平滑筋に特定したマッサージではなく、
平滑筋が存在する腸から肛門部全体に与えるマッサージが効果的です。

 

具体的には、へそのちょっと下の左中央部分に、
「S字結腸」と呼ばれる腸の蠕動運動の作用が関係しているポイントがありますので、そこを重点的にマッサージすると良いでしょう。

 

軽く押したり、揉んだりマッサージするような形で20回程度繰り返しましょう。

 

便秘の方は特にこの部分が張っている傾向にあります。
血液循環を良くする狙いと、蠕動運動を高める効果が期待できます。

 

イメージとしては、ちょっと下に押し流すように揉んでいくと効果が得られやすいでしょう。

 

最後はお腹全体をマッサージ

そして特定部位のS字結腸のマッサージが終わったら、
次は、へそ周り全体を円を描くようにマッサージしていきましょう。

 

自分の目線から見て、時計回りを描くようにマッサージしていくと効果的です。

 

決して強く押したりはせず、こちらも軽く撫でるように回していくのがポイントです。

 

S字結腸部分のマッサージ同様、こちらも20回程度のマッサージを繰り返すことで、蠕動運動を活発化させ、血流を良くする効果が期待できます。

 

マッサージはお風呂後に行うのが効果的!

上記ご紹介したマッサージは血行促進作用が高まっている体温の上昇時に行うと、
より一層効果が感じられるでしょう。

 

スポーツの後などでも体温が上昇していますが、
その時はすでに血流の動きが早く、わざわざマッサージを施す必要もないので、
お風呂上がりなどのタイミングがちょうど良いと言えるでしょう。

 

お風呂上りは血液循環が円滑になっていて、蠕動運動の活動を、
より一段と高める絶好のタイミングです。

 

是非毎日定期的に行ってきましょう。