便秘がもたらす悪影響とは

便秘を招いてしまうと、様々な病気や危険性をはらんでいます。

 

一時的なものであればそれほど問題ありませんが、
慢性的なものになってしまうと、便秘以外の病気を併発してしまう危険性があります。

 

便秘によってどのような障害が生まれてしまう危険性があるのか、ご紹介していきましょう。

 

便秘で苦しむ方に多く見られる病気とは

便秘が慢性的に長い間続いている方は血液循環が滞ったり、
神経麻痺を併発してしまう可能性があります。

 

そうなると糖尿病や甲状腺の病気、
胃潰瘍、腸閉塞などの可能性が出てきます。

 

 

便秘がきっかけで病気を招いてしまう危険性もありますし、
逆に病気が先に起こって便秘を誘発してしまうケースも考えられます。

 

便秘が起こると倦怠感やめまい、肩こり、腹痛、腹部膨満、むくみなどの症状が起こりやすくなります。

 

便秘の場合、腸の水分量が減って便に粘液や
血液が全く付着していない状態で粘度がなく、とても硬い便になりがちです。

 

 

そうなると腹痛を招いてしまい、長期間その状態を改善できないと
腸閉塞や大腸憩室症などの病気を発症してしまうケースがあります。

 

便秘の兆候で病気の危険性があるかどうかチェック!

便通の回数や便の硬さによって、便秘の兆候がわかります。

 

病気の危険性があるかどうかは便の状態もとても重要な判断材料になるので、
しっかりとチェックしておいた方が良いでしょう。

 

便秘は必ずしも1日1回排便がないと便秘というわけではありません。

 

2、3日に1回でも、それが正常な腸の活動となっていて、
習慣づいていれば特に問題はありません。

 

便秘の目安は一般的に4日から5日以上は出ていない状態を指します。

 

健康体であれば1日3食取って、胃で栄養分が吸収され、
腸に便が流れるまで15〜20時間程度経てば、排出される流れになりますから、
普通の生活リズムの方は朝に排便をするというケースが多くなっているはずです。

 

そのリズムが不定期になっていたり、便の排出する日数が少ない方は、
便秘の兆候が見られますので要注意といえるでしょう。

 

便秘は内臓の機能以外に悪影響を与えることも!

便秘は基本的に腹痛や腸閉塞などの、

胃や腸に関する悪影響を及ぼすことが多いのですが、
慢性的になっていると自律神経失調症などの症状が現れてしまうケースもあります。

 

 

便秘の方は自律神経が安定していないので、
この症状は老若男女問わず精神的なことをきっかけに起こりうる可能性があります。

 

 

慢性的になってしまう前に便秘解消を促す成分が配合された食事、
サプリメント、便秘茶などを摂取して対策を行っていく必要があります。

 

>>便秘解消を促すオリゴ糖はコレ<<