便秘になる原因とは?

便秘になる方の特徴として、成人の女性に多い傾向があります。
最も考えられる原因は、女性ホルモンの作用による影響です。

 

その裏付けとして、男性や子供には便秘になっている人が
非常に少ないということからも明らかです。

 

具体的に、女性ホルモンがどのような影響を与えているのでしょうか。

 

女性は水分を蓄える体の特性が!

思春期を迎えたあたりで女性ホルモンの分泌が盛んになってくると、それと同時に便秘に悩まされるケースも増えていきます。

 

これは体内に分泌される黄体ホルモンというものが、水分を体に残留させようという作用が見られます。

 

これは妊娠した時の状況に備えた、
体の変化といわれています。

 

体内の水分量を保つような体の変化が見られるため、
排出物に対して水分が不足しがちになってしまうのです。

 

その結果、排便をする時に水分が不足しがちになり、
スムーズに消化器官を流通せず、便秘が起こってしまうということが考えられます。

 

これは女性特有の症状で男性には見られません。

 

筋力的なものが問題になるケースも

便秘はホルモンだけでなく、煽動運動の動きの弱さも便秘につながります。

 

蠕動運動とは、腸の収縮を繰り返す波のような流れを指しています。

 

 

蠕動運動が活発に行われているほうが、
消化した排泄物が消化器官を通って肛門部へ排出されやすい状況を生み出してくれます。

 

蠕動運動も女性に弱い傾向が見られます。

 

筋力が弱い人ほど新陳代謝の活性化させる動きが弱くなってしまうため、
蠕動運動が微弱なことになってしまうケースが多いです。

精神的ストレスも便秘の原因に!

ストレスと便秘にも密接な関係があり、

特に腸の動きを活発化させる蠕動運動は自律神経とのつながりが影響しています。

 

ストレスが溜まった状態だと交感神経ばかりが働いていて、
毛細血管が収縮した状態になっています。

 

そうなると当然、体全体の血の巡りが悪くなり、腸の動きにも影響を与えてしまうでしょう。

 

 

毛細血管も蠕動運動と似たようなところがあり、
交感神経と副交感神経を交互に使い分けることで収縮波が起こり、
血流促進の動きが出てきます。

 

ストレスをできるだけ軽減し、精神的リラックスをした状態で
副交感神経も使う意識を持った方が良いでしょう。

 

そうすることで、毛細血管の血流の流れもよくなり、腸の動きも活発化されます。

 

このように便秘の原因はホルモンバランス、筋力、ストレスなど様々なことが要因で誘発してしまうケースが考えられます。

便秘になる原因を知ろう記事一覧

便秘の原因はもともと腸の調子が悪かったり、蠕動運動の働きが鈍い方に起こりやすい症状ですが、生活習慣が元となって便秘を招いてしまう可能性も十分に秘めています。生活習慣の中でも食生活がポイント生活習慣の中でも、食生活の変化が最も大きな便秘の要因として考えられます。例えば、一人暮らしを始めて食生活がガラリと変わった、ダイエットを始めて食事に変化がみられるなどのケースです。さらに具体的に言うと食物繊維の不...

なぜか、便秘に悩んでいるという話を聞くと、女性の方が多い印象があるのではないでしょうか。あまり便秘に悩んでいる男性という話を聞きませんね。実際に厚生労働省が2010年に国民生活基礎調査で便秘の有症率を検証したことがあります。その調査結果によると、10代から60代と非常に幅広い年代にわたって女性の方が、男性よりも便秘になる割合が多いことが分かっています。便秘の発症率はなんと男性の6倍ほど!ここまで違...

「ダイエットを始めてから便秘になりやすくなった」という意見がよく聞かれます。ダイエットを行うことで炭水化物や食物繊維の摂取不足になり、胃の動きに活発性がなくなり、便秘を発症してしまうといったことが現れます。いくらダイエットに成功して体重が減ってもお通じが悪くなれば、体調不良や腹痛を招いてしまう可能性も高まるでしょう。ここではダイエットと便秘の関係性について詳しくご紹介していきましょう。ダイエットは...

赤ちゃんはそれほど便秘を招く体の特性はありませんが、中には何日も便が出ないで便秘のような症状を引き起こしてしまうケースもあります。要因としては、赤ちゃんのミルクの摂取量が減っている、器質的に生まれ持った体調面や体質が影響している、という2点が挙げられます。それほど深刻な症状を招いてしまうことは成人に比べてありませんが、赤ちゃんで便秘になってしまうと、やはりちょっと心配ですね。赤ちゃんが便秘を招いて...

もともと女性は体質的に便秘になりやすい傾向にありますが、特にその兆候が現れるのが妊娠して、妊婦の期間です。妊婦状態は特に体内の水分量が妊娠前に比べて高まります。黄体ホルモンと呼ばれるホルモン分泌が体に水分を残そうとする働きを強く作用するため、排出する水分量を無意識に抑える体の動きが発生します。とはいえ、便秘状態が妊娠中に続くと、赤ちゃんへの悪影響があっては心配ですね。ここでは体に負担をかけることな...