オリゴ糖の種類

ビフィズス菌のエサとなり、
腸内環境を良くして便秘解消のために役立ってくれる

 

名アシスト役・オリゴ糖。

 

しかしオリゴ糖とひと口に言っても、
オリゴ糖というのはそもそも

 

「3種類以上の糖分が結びついてできたもの」ですから、
その種類はひとつだけではありません。

 

代表的なオリゴ糖を、いくつかご紹介しましょう。

 

オリゴ糖の種類

 

イソマルトオリゴ糖

みそやしょうゆ・ハチミツなどに含まれるオリゴ糖
安価なオリゴ糖シロップとして販売されているものは、このイソマルトオリゴ等を使ったものが多いです。

 

甘みは、砂糖の半分くらい。熱や酸にも強いので料理への活用がしやすく、
さらに摂取しても虫歯になりにくいというメリットがあります。

 

フラクトオリゴ糖

タマネギやごぼう・アスパラガスなどに含まれるオリゴ糖
イソマルトオリゴ糖より若干高価ですが、こちらもシロップ状のものが販売されています。

 

甘みは、砂糖の60パーセントくらいです。

 

ガラクトオリゴ糖

牛乳に含まれる乳糖と、ガラクトースが結合してできたオリゴ糖
乳糖をアルカリ処理することによって作られます。

 

甘みは、砂糖の40パーセントくらいです。

 

アラビノオリゴ等

りんごなどに含まれるオリゴ糖
砂糖の吸収を抑制する甘味料・アラビノースが複数結合してできています。
存在が認識されてからまだ歴史が浅い「新しいオリゴ糖」の部類に入ります。

 

 

これらのオリゴ糖はいずれも、
「腸に届くまで消化されにくく、ビフィズス菌の絶好のエサになる」という性質を持っています。

 

もちろん、ここに挙げた以外にも、オリゴ糖の種類はたくさんありますので、
あなたにとって「摂取しやすいオリゴ糖」を選ぶといいでしょう

 

>>当サイトおすすめのオリゴ糖はコチラから<<



「オリゴ糖は低カロリー」だけど注意も必要!

オリゴ糖はいずれも、砂糖などと比べると、同じ重さで比較した場合、
カロリーは半分以下になるものがほとんどですが、
「低カロリーだし健康にもいいからオリゴ糖は大量に摂っていい」というものかというと、
そうではありません。
 
オリゴ糖はカロリーが低い分、甘みが砂糖よりも少ないという側面もあるんですよ。
ですから砂糖と同じだけ、あるいはそれ以上の甘みを出そうとすると、
摂取カロリー自体は砂糖とさほど変わらなくなってしまう可能性もあるのです。

 

ましてや、「砂糖を使ったものは今までどおり食べて、そこに大量のオリゴ糖をプラスする」
となるとカロリーオーバーになる可能性が高いです。

 

もちろん、オリゴ糖は「ビフィズス菌のエサになるまで、体内で吸収されにくい」という特性がありますので、
実際のカロリー表記よりも実質的な吸収カロリーはさらに少ないと考えられますが、
あくまで「砂糖よりは低カロリー、低吸収」ということであって、「オリゴ糖だからいくら食べてもいい!」
とまでに極端な摂取はさすがに考えもの、というわけですね。

 

砂糖代わりにオリゴ糖を使えるところは使うようにするなどして、
全体の糖分摂取量をあまり増やさないように工夫しましょう