はぐくみオリゴの摂取で腹痛の可能性とは

はぐくみオリゴ摂取することで腹痛になるということはありません。

 

可能性としてあることといえば、摂取しすぎることによって蠕動活動が活発になり、
お腹がゆるくなったり、トイレが近くなるという可能性はあるかもしれません。

 

しかし、1日の摂取量を適量に守っていれば、そういった心配もないでしょう。
適量は明確に説明書に記載されているわけではありませんが、5g前後が妥当といったところでしょう。

 

5g前後というのは、だいたいスプーン一杯ぐらいの感覚です。
コーヒーやココア、紅茶などに混ぜて飲むのに丁度良い量ですね。

 

ちなみにオリゴ糖は砂糖にも似たような感覚のものですが、甘さは非常に微々たるもので、匂いもほとんどしません。逆にいうとクセのないものなので、どのような料理にも入れやすい使い勝手の良いアイテムとなっています。

 

お腹がゆるくなってしまう人とは

1日の摂取量さえ気をつけていれば、下痢やお腹がゆるくなってしまうケースは低いのですが、それでもお腹がゆるくなってしまうケースもあるかもしれません。

 

それは一緒に摂取している食材にも影響があると考えられます。

 

はぐくみオリゴだけでオリゴ糖の1日の摂取量が十分満たされていますから、知らず知らずのうちに他の食材でもオリゴ糖を摂りすぎて善玉菌が増えすぎて逆に下痢を起こしてしまうなどの可能性があるかもしれません。

 

オリゴ糖が入っている食材といえば、とうもろこし、アスパラガス、ゴボウ、にんにく、じゃがいも、キャベツなどが挙げられます。また、大豆系にも多くオリゴ糖が含まれています。

 

こういった食材を使った料理が多い日は、はぐくみオリゴの量をちょっと控えた方が良いかもしれません。

 

体調面が理由で下痢になってしまうことも!

お腹がゆるくなって下痢になってしまう方は、乳糖不耐症になっている可能性があります。
お腹の中で、乳糖がうまく分解できずにお腹がゆるくなってしまう症状です。

 

例えば牛乳を大量に摂取するとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうということがあります。
それも乳糖不耐症の一種です。

 

改善する上で特に薬などの摂取は必要ありません。
オリゴ糖の量を徐々に増やしていって、体に慣れさせることが重要です。

 

ただお通じを気にされてオリゴ糖を摂取しようと考えている方が多いと思うので、
この症状はそこまで心配する必要はないでしょう。