カイテキオリゴはカロリーが少ない。気軽に摂取しよう

カイテキオリゴはカロリーが少ないことでも人気があります。

 

もともとオリゴ糖というのは砂糖と比べて甘さ控えめという点だけではなく、
カロリーも砂糖の半分程度しかないのです。

 

キッチンから砂糖を取り除いてカイテキオリゴに代えるだけでも
ダイエット効果も見込めますし、便秘も解消されます。

 

カロリーに気を付けている女性や肥満気味の方、
糖尿病の気がある方は特にオリゴ糖は摂取するべき成分と言えます。

 

具体的にカロリーを比較してみよう

カイテキオリゴは100グラムにつき約207キロカロリーがあります。
対して砂糖は約390キロカロリー。つまりカイテキオリゴのカロリーは砂糖の約半分程度なのです。

 

他の砂糖類と比較してもカイテキオリゴのカロリーの低さが分かります。

 

カイテキオリゴ 水あめ はちみつ メープルシロップ
207kal 330kal 300kal 280kal

このようにすべてにおいてカイテキオリゴのカロリーは他の砂糖類よりも下回っています。

 

「でも100グラムって分かりずらいな。実際そんな使わないし」
と仰る方のために、次は実用的なカロリー比較をしてみましょう。

 

 

例えばコーヒーや紅茶に砂糖を入れる場合、スプーン小さじ一杯につき約5グラムです。
カイテキオリゴは5グラムあたり約11キロカロリーとなります。では他の砂糖類はどうでしょうか。

 

 

カイテキオリゴ 砂糖 水あめ はちみつ
11kal 17kal 23kal 21kal

 

このようにカイテキオリゴとの差は歴然ですね。

 

 

便秘解消にカイテキオリゴが最適な理由

便秘解消にはドリンク剤や野菜、果物類のジュースも効果的と言われています。

 

過去にテレビでも紹介されたように
ニンジンジュースやりんごジュースを現在も飲み続けている人もいるのではないでしょうか。

頑固な便秘もスルスル!朝のおすすめジュースはこれ!

 

しかしドリンク剤も含めてこれらジュースは意外とカロリーが高いものです。

 

例えば雪印の飲むヨーグルト。
ビフィズス菌豊富で便秘解消にいいと飲んでいる方もいますね。

オリゴ糖と一緒に食べると効果のあるヨーグルトはコレ!

 

 

しかし200グラムで約145キロカロリーの摂取となります。

 

オレンジジュースでも200ミリリットルで約100キロカロリーありますので、
1日二杯飲んでしまうとカイテキオリゴ100グラム相当の摂取となります。

 

砂糖類の1日の摂取量

砂糖類は炭水化物に分類されます。

 

例えな30代から40代の男性は1日平均2200キロカロリーを摂取しています。

 

そのうち炭水化物が占める割合は約50パーセント。
つまり1100キロカロリーは炭水化物で摂取されていることになります。

 

これを踏まえて考えてみると、例えば先に説明したオレンジジュースは100キロカロリーですので、
1日二杯飲んでしまうとそれだけでその日の摂取量の五分の一を占めてしまうのです。

 

はちみつは100グラムで約300キロカロリーです。
パンケーキを焼いたときにはそれだけでその日の四分の一以上のカロリーを摂取してしまうことになります。

 

そう考えてみると、カイテキオリゴのカロリーは非常に少ないことが分かるかと思います。
コーヒーに小さじ一杯入れても11キロカロリーにしかなりません。

 

カイテキオリゴは誰もが安心して気軽に摂取できる商品だということがお分かりいただけたかと思います。

 

便秘に悩み続けた私がカイテキオリゴを体験!結果はコチラから