糖尿病でもカイテキオリゴは大丈夫?

「いまのところは糖尿病じゃないけど、両親が糖尿病だし、最近肥満気味…。
カイテキオリゴを使っても大丈夫?」

 

 

「糖尿病の母親が便秘解消にカイテキオリゴを摂取しているけど、これって問題ない?」

 

ご意見の中に度々見られる項目が『糖尿病』に関してです。
日本人の方の多くはオリゴ糖を砂糖の一種だとみなしている傾向にあります。

 

 

しかし、カイテキオリゴに含まれる高純度のオリゴ糖は砂糖とはまったく異なる成分ですし、
共通点は『甘い』くらいしかないことをまず知っていただきたいと思います。

 

カイテキオリゴは糖尿病とは関係ない

カイテキオリゴはオリゴ糖です。
オリゴ糖を摂取したからと言って、体内の血糖値が上がるわけではありません。

 

またカロリーも砂糖の半分なので、
摂取をしすぎたからといって糖尿病になることはありません。

 

特にカイテキオリゴに含まれるオリゴ糖成分は便秘解消に基づき善玉菌をサポートする成分です。

 

その点からみても糖尿病になる要素はありませんので、
ご心配する必要なく便秘改善のためにカイテキオリゴを摂取することができます。

 

GI値とは

GI値とは簡単に言えば血糖値の上昇率を数値化したものです。
この数値が大きいほど血糖値が高くなると言えます。

 

例えば

 

砂糖のGI値は110。

 

はちみつのGI値は88。

 

メープルシロップは73というGI値となります。

 

これらに対してカイテキオリゴのGI値は43です。
砂糖の三分の一近いGI値となります。

 

カイテキオリゴで糖尿病を克服

先の説明からカイテキオリゴは糖尿病とは無縁だということが分かります。
しかし、砂糖と同じ糖質のことから、砂糖を使用するように調理することもできます。

 

例えばコーヒーや紅茶に入れるときや、料理で砂糖を使うとき。
そんなときに砂糖の代わりにカイテキオリゴを使うだけでも糖尿病予防になります。

 

また便秘解消の効果もあることから
糖尿病と便秘に悩む方にとってはまさに一石二鳥の役目を担っています。

 

肥満気味の方にも最適

糖尿病予備軍とされる肥満気味の方は何かと血糖値やカロリーに気を遣うことです。

 

 

しかし、オリゴ糖というのは体内で消化も分解もされない性質をもっているため、
カイテキオリゴを摂取したからといっても太ることはありません。

 

長年悩まされている頑固な便秘、
慢性的な便秘もカイテキオリゴで克服することができることでしょう。

 

長期間摂取する目的であれば、やはり糖尿病に関しても心配になるものです。

 

カイテキオリゴは、糖尿病予備軍の方、
糖尿病患者の方も安心して摂取できる最適な便秘解消法と言えるでしょう。