妊娠時、授乳時でも問題はないの?

「現在妊娠してますが、カイテキオリゴを摂取してもお腹の子に問題はありませんか?」
「赤ちゃんをおっぱいで育ててるんですが、ミルクにカイテキオリゴは影響されますか?」

 

 

カイテキオリゴは妊娠時、授乳時でも問題なく摂取できます。

 

妊娠中はカイテキオリゴがおすすめ

便秘に悩んだまま妊娠してしまい、お腹が大きくなってくるとトイレに行くだけでも大変ですね。
また、妊娠中はお腹の子への影響を懸念して便秘薬などは飲みづらいところです。

 

 

便秘薬はおうおうにして副作用が必ずでてくるものなので、妊娠中は特におすすめできません。
また漢方も効果がでる人、でない人に真っ二つに分かれる傾向にあります。

 

 

できれば薬に頼らず自然に便秘を治したいと思うのは当然のことです。

 

カイテキオリゴは妊娠されている方にとっては大変重宝することでしょう。

 

 

カイテキオリゴは無添加健康食なので薬ではありません。
したがって副作用やお腹の子への影響を気にする必要もないのです。

 

特につわりがある時期は味のあるものに極度に反応してしまいます。

 

カイテキオリゴはちょっと舐めていただければ分かりますが、
無味無臭ですのでつわりがひどい方でも摂取することができるのです。

 

母乳はとカイテキオリゴの関係

授乳時にカイテキオリゴを摂取したからといって、
お母さんのおっぱいを吸っている赤ちゃんには何ら問題はありません。

 

おそらく不安になっている方は、
カイテキオリゴを摂取することによって母乳に変化があるのではと思っていることでしょう?

 

しかし、ここでまず知っておいてほしいことは、カイテキオリゴとはオリゴ糖のことです。
そして、『母乳の成分にはオリゴ糖が含まれている』のです。

 

市販されている粉ミルクと母乳とどちらで育てるのがいいのかを考えてください。
研究では母乳で育てた方が赤ちゃんが育つにつれて風邪など外部抵抗力が強くなっていることが分かりました。

 

そもそもこオリゴ糖というのは母乳の中に含まれる成分として最初に発見されたのが始まりなのです。
ですのでオリゴ糖で作られているカイテキオリゴを摂取したからといって、母乳に悪影響が及ぼすわけはないのです。

 

ご安心いただけましたでしょうか。
どんなときでも安心して摂取できるのがカイテキオリゴの最大の強みなのです。