カイテキオリゴはどうして便秘を解決できる?

「オリゴ糖の良さは分かったけど、具体的にカイテキオリゴはどういう仕組みで便秘を解消するの?」

 

と思われている方に対して、カイテキオリゴの胃腸内での働きを具体的にご説明しましょう。

 

胃腸内には二つの菌が共存している

テレビ番組や雑誌でよく耳にする『善玉菌』と『悪玉菌』

 

この二つの菌は胃腸内に共存していて、その数は常にバランスよく保たれています。

 

通常便秘に悩んでいない人と言うのは善玉菌の数が悪玉菌の数よりも上回っているので、
便の排泄がうまくいっているのです。

 

つまり、言い換えれば便秘に慢性的に悩んでいる人の胃腸内というのは、
常に善玉菌よりも悪玉菌の数の方が上回っているということです。

 

ここで注意していただきたいのは、善玉菌と悪玉菌の絶対値というのはそれほど変わるものではありません。
便秘を解消するためには悪玉菌の数を減らすという理論となります。

 

ヨーグルトの発祥ブルガリア

ブルガリアと言えばヨーグルトの発祥の地として知られていますね。

 

ヨーグルトには善玉菌を増やすビフィズス菌が含まれています。
テレビ雑誌などでは『善玉菌=ビフィズス菌』と表記されていることもしばしばです。

 

歴史を追えば百年以上前にロシアのイリヤ・メチニコフ博士が
ブルガリアのヨーグルトにビフィズス菌が含まれていることを発見したのが始まりです。

 

ちなみに、このメチニコフ博士はノーベル賞も受賞した権威ある博士です。
いっときはヨーグルトは不老長寿の妙薬とも呼ばれていました。

 

現在でもブルガリアの人々はヨーグルトの年間消費量は
世界1位(ちなみに日本は7位)ですし、各家庭で自家製ヨーグルトを作っているほどです。

 

スイーツだけではなく、料理の調味料にも使われているのはさすがブルガリアといった感じですね。

 

青空市場へ行けば必ず自家製ヨーグルトが売られていますし、
日本で食べられる味とはまた異なった触感を楽しむことができます。

 

ヨーグルトをたべるならコレがおススメ!

 

ビフィズス菌が便を促す

摂取されたビフィズス菌は胃腸内で悪玉菌を退治して、
善玉菌と悪玉菌の比率を逆転させます。

 

すると、いままで頑固な便秘だったものも排泄されていくのです。

 

ちなみに便秘にはいくつかの原因があるのですが、
胃腸内の悪玉菌の増殖による便秘が原因の場合は口臭に表れます。

 

その口臭は腐敗臭や便臭といった非常に周囲に不快感を与える匂いとなりますのですぐに分かります。

 

カイテキオリゴはビフィズス菌の塊

カイテキオリゴはビフィズス菌が入っていて、
摂取することによって胃腸内に善玉菌を増やしサポートすることができます。

 

別頁にも記載しましたが、
オリゴ糖にはいくつかの種類があり、すべてが便秘に効果があるとは限りません。

 

カイテキオリゴはその中でも便秘解消を目的とした
純度の極めて高いオリゴ糖が大量に含まれていますので、便秘には効果てきめんなのです。

 

このようにカイテキオリゴは悪玉菌を退治する重要な役目を担ってくれます。
医学的に基づいて便秘を解消することができる商品ですので、是非おすすめします。

 

便秘に悩み続けた私がカイテキオリゴを使った結果