カイテキオリゴの評判はいかに

オフィシャルサイトや他のカイテキオリゴにまつわるサイトを見てみると、
これといった悪評は見られないようです。

 

カイテキオリゴの評判は一見すると上々のように見えますが、
もう少し具体的にさまざまな口コミ、体験談を見てみましょう。

 

カイテキオリゴの年代別評判

ただ闇雲にカイテキオリゴの評判を追うのではなく、
多数ある評判をカテゴライズしてみると以外な結果が分かりました。

 

今回はカイテキオリゴの評判、口コミを20代、30代、40代以降に区切って詳しくみてみます。
中には5年以上も慢性的な便秘で悩んでいた方がカイテキオリゴを摂取し始めて
五日目で嘘みたいにお通じが連発したという口コミもありました。

 

20代

20代の中でカイテキオリゴがまったく効果がなかったという方はほとんど見受けられませんでした。
20代のカイテキオリゴ摂取被験者はほとんどの方が一週間以内にお通じがきているようです。

 

30代

30代になるとやや下降気味で20代では一週間以内に来ていたお通じも10日以内、
二週間以内と効果が表れる期間が長くなっている傾向です。

 

また、30代後半の方の中には一カ月以上使ってみて、
やっと普通にお通じがくるようになったという人もいました。

 

40代

40代になると一カ月以上摂取しないとなかなか理想の効果が表れないといった声も多く見られ、
また、一週間以内にすぐにお通じが来たという人はそれほど多くはありませんでした。

 

>>>31歳の当管理人がカイテキオリゴを試した体験談はこちら<<

 

ごく少数ですが、カイテキオリゴを摂取してもまったく効果がないという口コミを投稿されている方も見受けられました。

 

果たしてこの違いはどこから来るのでしょうか。

 

胃腸内の細菌バランス

 

胃腸内には実に100兆個もの細菌が住みついているのはご存じでしたか?
他の頁でもご紹介したように、胃腸内には悪玉菌と善玉菌がバランスよく共存していて、
健康的な胃腸であれば、善玉菌の量が遥かに悪玉菌を上回っています。
これが逆転してしまうと便秘になるわけです。

 

生まれたての赤ちゃんは善玉菌と悪玉菌のバランスは9対1となっています。
つまり、90パーセントが善玉菌で占めているのです。
善玉菌が悪玉菌に対して9割という数値は健康な胃腸を保つにあたっての理想の数値となります。

 

しかし、いつまでも9対1のバランスを保つことは残念ながらできません。
人は外界の空気を吸いつづけることによって体内器官が酸化、老化をはじめます。
すると、善玉菌の量がどんどん減少していく傾向に陥るのです。

 

20代のうちはまだカイテキオリゴが速効で効果が表れたのも、
年齢的に善玉菌がまだ多いことが理由に挙げられます。

 

しかし、30代、40代となるとほとんどの方の胃腸内はバランスが狂い、
悪玉菌の量が増え続けてしまっているのです。

 

そんな中カイテキオリゴを短期間摂取したからといって、
すぐに善玉菌の量が悪玉菌においつくことはありません。

 

近年は腸内年齢という言葉も使われるようになってきました。
胃腸がどれだけ綺麗に保たれているかで実年齢よりも健康であるか否かを判断するのです。

 

カイテキオリゴは使い続けてこそ効果が表れる

まとめになりますが、
カイテキオリゴに速効性を求めるのは20代の若いうちにとどめておきましょう。

 

20代も後半にさしかかっているのであれば、
継続したカイテキオリゴの摂取を前提とした方が、効果は望めることかと思います。