赤ちゃんにも最適なカイテキオリゴ

便秘に悩む人は加齢するごとによって増えてきます。

 

何故かと言うと、前頁で紹介しましたが、
便秘の原因となる胃腸内の悪玉菌は加齢するごとに増えていくからです。
つまり善玉菌の数が少なくなってくるのです。

 

しかし、産まれたばかりの乳児はまだ外界に触れていないため胃腸内も綺麗で、
実に9割以上が善玉菌で満たされているのです。

 

 

この数値は便秘とはほど遠い理想的な胃腸の環境と言えます。
乳児の排泄する便にさほど匂いがないのも善玉菌が非常に多いおかげです。

 

乳児の便秘の原因は

生まれて幾ばくも経っていない赤ちゃんは
先の通り普通に考えれば便秘になる要素は持ち合わせていません。

 

それでも2日ほどお通じがきていない。もう5日目になる。
そんな赤ちゃんを持つご家庭もたくさんあります。

 

その原因はよく分かっていませんが、母乳、及びミルクによる栄養の偏りであったり、
肌の弱い肛門部分が切れてしまって赤ちゃんにとって恐怖観念が産まれてしまったりするようです。

 

ミルクより母乳が効果的

オリゴ糖が便秘改善の役割があることはもうお分かりいただけたかと思いますが、
母乳にはオリゴ糖が含まれているのです

 

ですので、ミルクよりも母乳の方が便秘を改善する近道であると言うことができます。
ただし、母乳の場合はお母さんの栄養に依存してしまいますので、しっかりと栄養管理をして、
赤ちゃんに栄養ある母乳をあげましょう。

 

カイテキオリゴの使い方

赤ちゃんが便秘で悩んでいる場合もカイテキオリゴが一役買ってくれます。
過剰摂取すると軟便になって下痢を引き起こす可能性がありますので、
スプーン一杯程度を摂取するようにしましょう。

 

目安としては一回1グラムから2グラム程度。一日5グラム程度です。
摂取方法は飲み物と食べ物の二通りがあります。

 

飲み物の場合はミルクに入れて、食べ物の場合はおかゆに入れてあげるのがおすすめです。
すぐに効果が出なくとも、数日間続ければ効果はほとんどの方に表れているので摂取を続けてください。

 

赤ちゃんだからこそカイテキオリゴを

自分でお腹をさすったり、食生活を変えたり、便秘を訴えたりできないのが赤ちゃんです。
もしかしたら言葉にならない声で苦しんでるかもしれません。

 

赤ちゃんが便秘のときは浣腸をすることもありますが、
やはり何度もするのは赤ちゃんにとってはつらいことでしょう。

 

カイテキオリゴではあくまでも自然に便を促すことができるので、
ご両親にとっても安心できるのではないでしょうか。

 

もちろん幼児に対しても効果的

幼児期になるとお母さんの作った料理を食べてくれるようになります。

 

しかし、それと同時に好き嫌いも区別するようになり、
嫌いな食べ物は一切手をつけてくれないのも悩みですね。

 

すると、徐々に胃腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてきて、便秘の原因となります。
学校が始まればなおさらです。

 

学校で便をするのは女性にとっても男性にとっても恥ずかしことで、
ついつい我慢してしまいます。それが便秘の大きな原因にもなります。

 

カイテキオリゴは粉末状のオリゴ糖で甘さも控えめです。
食卓、お弁当などの隠し味に使ってもバレることはありませんので、
お子さんの好物の料理に混ぜてみてください。